検索フォーム
注目記事
賃貸を見学する時の注意点など。

賃貸物件の見学で注意する事

自分は今迄何度か引越しをしており、その都度今度住む賃貸マンションはこういった所にしようと考えたりしています。ですから、引越しをする時に賃貸物件を見学に行くのですが、その時にはある程度の要望を不動産の方へ言ってから物件を探してもらう様にしています。例えばガスだったら都市ガスじゃないと嫌ですし、部屋は必ず2階以上が良いです。和室はあっても1部屋で、後は希望の家賃で住める所を探す様に頼みます。そして条件にあった所があれば内見するようにして、必ず物件を見る様にしています。

必ず物件を見る様にするのは、画像だけですと広さのイメージも出ませんし、その賃貸マンションの周りの環境もわかりません。まして、部屋だけは綺麗でもマンション自体の汚れが酷い物件もあるからです。また、一番物件の見学で注意する所と言えば音です。周りの音が漏れていないか耳を澄まして聞く様にしています。上下左右と酷い物件ですと、あちこちから生活音が聞こえてきますので、注意して耳を澄ます様にしています。それ以外で注意する所と言えば今所持している家電や家具を置いた時のイメージです。ソファやテレビ等のサイズをあらかじめ測って、見学に行った物件の部屋の幅をメジャーで測り置けるかどうか計測します。時間はかかりますが、そうやって決めたのが今のマンションです。時間はかかりますが長い間住む事を考えれば必要な事だと思います。

新着記事