検索フォーム
注目記事
賃貸を見学する時の注意点など。

賃貸の見学の際の注意点はいろいろ

賃貸住宅といえども住もうと考えているからには後悔をしないようにしっかりとした物件の下見をいろんな角度からしなければなりません。その下見の際にはまずは室内に関しましては室内の設備が生活をするに不便をきたしたり、快適さを損なわないようにするためにすべての水道設備や電気設備のスイッチをオンオフにすること、ドアや窓を自分自身で施錠したり開錠したりなど開け閉めすることで難なく使えるか故障していないかあるいはその可能性を近い将来発生させないか確認しないとなりません。さらに賃貸でもっとも懸念される材料というのは隣人の騒音なわけですが、これはカベを触るなどすることでカベそのものがどのような材料で使用されているかなどを推察することで判断をしなければなりません。

しかし賃貸の見学の際の注意点は室内や建物の外観だけ観察するだけではある意味不十分かもしれません。というのはその建物に暮らすのは自分だけではないからです。他の人も暮らしているのです。ということで他にどんな人間が住んでいるのかをある程度観察することもポイントの1つになるかもしれません。ということで平日の昼間だけ観察するのではなくて、土休日の昼間時間帯やあるいは夜間時間帯に再度観察してみるのも1つの方法だと言えます。ただし夜間時間帯の観察は不動産屋さんの営業時間帯を外れる可能性が大きいので自分単独で交通費と時間を割いて見学する勇気をもつ必要があります。それによって普段歩く範囲の街並みならびに物件の治安を推察することができるのです。また物件の敷地内では改造車とか走り屋みたいなカッコつけたようなクルマがある場合は要注意の対象であるともいえます。

新着記事