検索フォーム
注目記事
賃貸を見学する時の注意点など。

賃貸の見学では大家さんともいろいろ話をした方が良いでしょう。

賃貸で住まいを探す時、まずはネットで検索をしてから良い物件を扱っていそうな不動産屋へいきます。そこで実際に話を聞いてから部屋を見に行くわけですが、その見学の際大事なのはまず玄関と部屋がシャットアウトされているかということです。玄関から部屋の中が見渡せるというところは論外です。中に入ったら遠慮なく壁を叩いて見ることも必要です。一箇所だけではなく何箇所もです。音がしっかりとしていれば防音もちゃんとできているということになります。次は水周りも大事です。新しい物件だとまず大丈夫でしょうが、古いものだと水周りがガタガタなところが多いからです。あとは日差しがちゃんと入るかどうかです。コンパスや携帯の機能などを使えばはっきりした位置情報がわかります。

それから大家さんにも会ってみる必要があります。人柄は会えばだいたい掴めます。相性というものも大事です。これから何年間かのお付き合いになるのですからここのところは特に大事だと思います。あまりうるさそうな大家さんだと入居してからいろいろ気苦労が多いでしょう。逆にあまりにも大雑把な人だと壊れたものでも修理してもらえない可能性があります。できることなら隣人についても聞きたいところですがこれはちょっとむずかしいかもしれません。

新着記事