検索フォーム
注目記事
賃貸を見学する時の注意点など。

賃貸住宅を見学するにあたって

賃貸住宅はまず地元の不動産屋さんに紹介してもらうのが世間一般ですがその際にきめておくと良いことをつたえていきたいと思います。初めに自分がどれくらいの間取りが必要かは必ずきめておくといいと思います。広ければいいというものでもなく現地に見学しに行ってからもっと狭い方がとかもっと広い方がいいと言うと不動産屋さんも少し嫌がります。あらかじめ広さをきめておくと見学に行った際もスムーズにきまることが多いです。あと、自分のライフスタイルに会う環境の住宅を選ばないと後々困ります。そして一番かんじんなことは自分が住む地域の家賃相場をあらかじめ調べておくことです。不動産屋さんによっては家賃の高い物件からすすめてくるのでながされやすい方は見学に行く前に自分の中での上限をきめて絶対に妥協はしないことです。それから見学に一人で行く人ふえてきてますができるだけ一緒に住む方全員といかれたほうがいいと思います。一度見学に行くと

最低でも似たような物件を三ヶ所くらいは見学しにいったほうがいいと思います。賃貸住宅を見学するにあたって間取りと環境、近隣住宅の家賃相場は必ず下調べしてから不動産屋さんに行ってください。見学したからといって必ずしもきめないということはありません。

新着記事