検索フォーム
注目記事
賃貸を見学する時の注意点など。

賃貸物件を拝見する際の注意点。

賃貸の物件探しの際の見学時のこの時にしっかりと物件を見ておきましょう。間取り図と実際に見る物件とは全く違います。この時の注意点とは建物そのものの拝見チェックは当たり前の事、以外と意識しない昼と夜です。

昼間に拝見する物件と夜に拝見する物件ではまた全く違います。不動産の方に案内されて行かれる時は明るい時間に限ると思います。なので、また夜にその物件を見に行った方がいいです。昼間は良くても夜になればまた違った部分が見えてくる事もあるのです。

例えば、夜になると近所の犬が人に反応してやけに泣く。など実際に聞いた事があります。他に、夜家の周辺に街灯がなく真っ暗だった。って事もあります。昼間と夜でご近所の方の動きも変わります。ご近所の雰囲気をつかむ為にも見学の際には昼と夜と両方実際に確認しておいた方がいいでしょう。昼と夜と見るとなんとなくでもその物件の雰囲気をつかむ事ができます。大通りなどの場合、深夜にバイクや運送トラックが頻繁に通る可能性もあるので、平日、土日の昼夜の雰囲気を確認できれば一番よいでしょう。案内された時には気にならなった事が夜になると静けさから気になる点も出てくる事もあるので時間帯にも注意しながらチェックするといいと思います。

新着記事