検索フォーム
注目記事
賃貸を見学する時の注意点など。

賃貸物件の見学の際の注意点

賃貸物件を決める際、必ずその部屋を自分で見学するようにしましょう。物件情報の専門誌やインターネットサイトなどで、部屋の写真や外観などさまざまな点を確認することもできますが、実際に足を運んで自分の目で確認することが大切です。

見学の際は、カメラやメモ帳、メジャーがあるととても便利です。写真を撮影しておけば、家に帰って見返すことができますので、他の物件と比較することができます。気になった点があれば、細かくメモしておくのもおすすめです。写真と同じく、あとで他の物件と比較する材料にもなりますし、不明点を調べることもできます。メジャーは、部屋や収納のサイズを測るのに使用します。引っ越しをしてから手持ちの家具が入らなくて困った、なんてことにならないように、前もって測っておくようにしましょう。住む物件を決めたあとでも、引っ越し後の家のシミュレーションをすることができます。どのような配置にするか事前に決めておけば、引っ越し当日はスムーズに進めることができます。物件の見学は、気になるところを確認するのはもちろんのこと、引っ越しの事前準備という認識を持って行いましょう。見学を有意義な時間にすることができます。

新着記事