検索フォーム
注目記事
賃貸を見学する時の注意点など。

見学の際の賃貸物件のチェック。

見学の時の賃貸物件ではその前に見せてもらった間取り図と実際に見るお部屋では全く違います。この見学の時にしっかりと見ておくべきです。実際にお部屋を見て、見た目で判断をするのは一番よくないです。おしゃれな間取りや空間だけで決めるのではなくこまかい部分もこの時にしっかり見ておく事をおすすめします。その為に少しでも見学チェック項目の知識を入れておくと損はないと思います。

見学の際の注意点とは箇所によって色々あると思いますが、室内であれば、壊れている部分はないか目立つ傷はないのか見る事は当たり前の事です。フローリングや床の傷、カーペットや畳のシミや汚れがあるかのかないのかも見ておくべきです。

最初の確認で賃貸ならばもしも出て行く時に自分がしたものと思われた場合、敷金から修理差し引きされる場合があるのではじめのうちに確認しておくべきです。特に壁紙がめくれている部分があると要注意です。壁紙がめくれている場合は、冬の寒い時期に結露がひどい場合にはがれいる事が原因になっている可能性があると思います。冬の結露がひどいとカビの発生も多く対処にも困難しますし、体の健康にもよくないです。他に結露がひどい建物は断熱が徹底にされていない為に冬はすごく寒い思いをする可能性もあるはずです。その点も気をつけて室内のチェックをする様に心がけたいものです。

新着記事