検索フォーム
注目記事
賃貸を見学する時の注意点など。

賃貸への引越し、自分の足でしっかり見てみよう

引越しを決めたら不動産屋さんに行き、自分の条件に合った物件を絞りこみ内覧に行きます。ここだけの話ですが!不動産屋さんは賃貸なら尚更、見学まで持っていけば後は契約まで大手だ??早く契約して欲しいと思うみたいです。なので良い点ばかりセールスし結果、内覧なんて10分程度で終わっちゃった??本当に印象に残っているのは、間取りとワックスのかけられた綺麗なフローリングと日当たりの良さそうな窓位のものでしょう。相手のペースに乗せられて、大事な点を見逃さないで下さいね。この物件に住むのは他でもないあなたですから。ではどんな点に注意して見ればいいのでしょうか?まず、一つ目は玄関ですが、鍵が二つ位ついているのが防犯上ベストです。また玄関も人目につく所の方が泥棒には狙われにくいので、死角になっていたら要注意です。二つ目にドアの開閉はスムーズかのチェックです。勝手にしまうドアは家が歪んでる証拠かもしれません。三つ目はキッチンの収納です。クローゼットの収納などは営業マンが聞かなくてもやたら進めてきます。でも料理するなら尚更、キッチンの収納事情は要チェックです。四つ目は、建物を外から見てみるです。外壁にヒビが入ってないかやゴミ捨て場の位置なども把握しましょう。

賃貸物件の内覧の際、チェックしておきたいポイント五つ目ですが、駅を利用する人はできるだけ駅からの距離をチェックしてみましょう。徒歩なら尚更、実際に歩いて見るのが一番です。部屋自体のチェックも大事ですが、立地そのものチェックも自分の足で確認するのが一番です。

新着記事