検索フォーム
注目記事
賃貸を見学する時の注意点など。

賃貸引越しに物件見物の際の注意点。

賃貸の物件見学の際にはできるだけ不動産には明るい昼間のうちに行かれる事をおすすめします。なぜなら見学の際の注意点として、暗くなってからでは、日当たりが分からないのは当然の事、照明などがついていない場合は昼間だと見逃しやすいです。その確認も今後にかかわってきますので気をつけるといいと思います。

昼間は明るいので照明の意識も薄れるので今後の準備の為にも照明のあるなしの確認も大切ですね。そうでなくとも夕方や日が落ちてからの見学となると照明がなければ薄暗い中での見学になります。薄暗い中での見学となると見えにくい事もあり見逃す箇所はいくつか出てくると思うので見学は必ず明るいうちに行くべきだと思います。

見学時間によって全く違ってきます。日照の条件は生活に大きく左右されるので見学に行かれる時間帯は明るいうちが絶対です。方角としても南向きの物件が理想ですが、その建物自体は南向きでも目の前に大きな建物があっては日差しもさえぎられ南向きの意味もなくなってしまいます。実際にベランダを開けて見て周りの景色を拝見する様にしましょう。ベランダを開けたら前のマンションから丸見えだった。なんて事もありえます。大きな建物があったため日差しがあまり入らなかった。なんて後々になって気づく様では遅いのでこの見学の際にしっかりと見ておきましょう。

新着記事